業務効率化を図るならPOSシステムを導入する|全ての管理が楽に

売上を確保するために

握手

こうやって始める

脱臼や捻挫、腰痛や肩こりで整骨院のお世話になった人も少なくないでしょう。体の自然治癒力を生かした治療方法で、症状によっては保険も適用されます。お年寄りからアスリートまでさまざまな人が利用しており、リハビリとしてもそ活用されています。そんな整骨院を開業するために必要な資格が柔道整復師です。柔道整復師は国家資格で、一定の条件をこなすことで受験資格を得ることができ、年一回の国家試験に合格すれば取得できます。柔道整復師の有資格者の多くが開業していますが、初期投資もそれなりに必要ですし、届出など煩雑な手続きもきちんと踏まなくてはいけません。実際に開業した人のアドバイスなどを聞くのが一番ですが、そういった人がいない人は、開業セミナーなどに参加して開業のコツを教えてもらうのも一つの手です。開業するにあたり、まずは保健所と地方厚生に届出が必須となります。これは営業そのものの承認や、保険適用に関わるものなので、必ず届出をしなくてはなりません。その他、職業や労災の適用有無など、患者の状況によって施術をおこなうために、労働基準局などに届出が必要な場合があります。整骨院を開業するには、都道府県ごとに決められた床面積が必要となります。それに適した場所の選定とともに、立地は開業後の売上にも大きくかかわってきますので、慎重に決めましょう。柔道整復師は自らの手で治療をおこないますが、ときに専用の機材も必要となるので、初期費用は百万単位でかかることを知っておきましょう。