業務効率化を図るならPOSシステムを導入する|全ての管理が楽に

人を呼び込む手法

相談

インターネット業界では

そもそもインバウンドとは、外から内に流れ込む事として使用されている用語です。しかし業界によって指している意味は異なります。旅行業界では訪日外国人旅行者の事を言い、コールセンター業界では外部から掛かってくる電話で、その応対業務の事を言います。インターネットではWebページやSNSで自身の所へ呼び込む事。このマーケティング手法をインバウンドと言います。自社のWebサイトを公開しても、インターネット上でどこに告知するのか検討する必要があります。そしていかに誘導を上手く行うか戦略を練らないと、人の目に触れる機会が少なくなります。自社のサイトに誘導するには、リンクを活用したり、検索上位になる様に工夫したりする必要があります。その戦略をインバウンド・マーケティングと呼びます。インバウンド・マーケティングでは、TwitterやFacebookが普及されている事もあり、目的のサイトにナビゲーションする事が可能になっています。逆に雑誌やCMで自社商品をアピールする事をアウトバウンド・マーケティングと呼ばれています。これは従来型の手法であり利用者には馴染み深いものです。しかし現在では、インターネットを通じた顧客を呼び込む事が、一般的で効果的な手法になっています。市場活性化の大きな要因になっているインバウンド・マーケティング。ネットやスマートフォンの普及により、活用次第で多くの顧客獲得の可能性を秘めています。